病院での遺体(死体)の病理解剖の仕事について!過酷で臭いもキツい?

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

私は病院で働く臨床検査技師です!

みなさん「遺体の解剖」ってどんなものか気になりますか?

 

検査技師の仕事の中には「遺体の解剖補助」があるんですよね。

 

たぶん想像以上にグロくて過酷な内容ですよ笑

解剖の過酷さについてお話しします!

 

スポンサーリンク

臨床検査技師の仕事に「遺体の解剖」がある!

「遺体の解剖」って?

私は総合病院で臨床検査技師として働いています!

 

みなさんは「遺体の解剖」ってどんなものか想像できますか?

ドラマや漫画を通してなんとなくイメージが湧くかもしれませんけど・・・思ってるよりもはるかにハードですよ笑

 

私は病理検査の仕事の1つで「遺体解剖の補助」に入ることがあるんですよね。

いっくん
まあ、あんなのは全然リアルじゃないけどね笑

病理はドラマにもなっていた「フラジャイル」の世界です。

患者さんの「細胞や組織」から「がん」があるかどうか調べたりする仕事ですね!

 

遺体解剖はどういう時にやるのか?

遺体解剖はどういう時にやるのかというと・・・

 

病院で患者さんが亡くなった時に、死因をチェックするためにやる感じですね!

といっても、患者さんが亡くなっても必ず遺体解剖をするわけでもない。

 

じゃあ具体的にどんな場面でやるのかというと。

「死因不明の場合」

「診断した疾患がホントに合ってるか確認したい時」

こういった場合に、医師の判断でやることがあります。

解剖をメインで進めるのは「病理医」という医師で、臨床検査技師は助手として手伝います。

ちなみにドラマ「アンナチュラル」の影響で、病院でもしょっちゅう解剖をやってるように勘違いされますけど・・・

どこの病院も年間10件ぐらいですよ笑

 

では、そのリアルな内容を簡単に説明しますね!

 

スポンサーリンク

「遺体の解剖」ってどんな感じなの?!

photo_3
出典:http://www.ntv.co.jp/bull/words/03.html

解剖する時には、2つのパターンがある?

ちなみに医療の現場では、解剖のことを「ゼク」っていいますよ。

 

ゼクをする時には「2つのパターン」があります!

①患者さんの死後、間もない状態での解剖

②遺体を冷蔵しておいてからの解剖

もちろんですけど、死後間もない状態でやる方がメンタルはキツいですね!

普通に生暖かくて「人の温もり」が残ってるのでね。

 

でもよっぽど急いで調べなきゃいけない理由がない限り、基本は「死後ホヤホヤの状態」でやる事はないです。

 

解剖台の上に乗っている遺体は、みなさんが思ってるより怖い感じはしませんよ!

いっくん
「ただ人が寝てる」って感じの印象!

まあ他のスタッフがいなくなって、解剖室で2人っきりになるとちょっと怖いですけど笑

 

解剖は「手順」がしっかり決められてる!

解剖の手順って決められてるので、その通りにやる感じです。

 

まずは喉の辺りから切れ込みを入れていって・・・

胸、腹と順に切り開いていきます!

 

その過程で「腹水や胸水」といった体液を、カップですくってどれぐらいの量があるか測ったり。

心臓などの全ての臓器を取り出して、重さを量ります!

 

最終的には「遺体のお腹の中は空っぽ」の状態になるんですよ。

いっくん
・・・なんかサラッとヤバいこと書いてる気がしてきました笑  

ご遺体は最後に綺麗にします!

そして検査用に臓器をすべて取り出したら・・・

あとは水と石鹸、布を使って身体全体を綺麗にしていきます。

 

解剖した時に体中にめっちゃ血がついてるので、それを落としていくワケですね。

そしてしっかりタオルで拭いて、水気を取ってから・・・

 

空っぽになったお腹から、首回りまで「新聞紙や布」を押し込んでいきます

そして切ったところも「針と糸」でしっかり縫います。

いっくん
キレイにしてからご遺体を遺族の方に返します!

想像以上に「グロいし過酷」です!

解剖は「血生臭さ」が半端じゃない?!

解剖が始めると、もう臭いが半端ないです・・・

人間ならではの「血生臭さ」が尋常じゃないんですよね。

いっくん
肉の解体処理場と、魚屋を合わせた臭いです。 

なんとなく伝わりますかね?

 

動物の血と肉の生臭さの中に、なんか魚っぽい臭いが混ざってるんですよね・・・

やる時は「マスクを二重」にしても全然マシにならないほど臭いんですよ。

 

「血液」や「うんこ」に溢れた環境

解剖する時には、ご遺体の身体の中には「血液」や「うんこ」などは全て残ったままです。

 

だからお腹を切り開いて腸を取り出す過程で・・・普通に「うんこ」とか出てきますからね笑

 

わたし的には「腸」を処理する時がキツくて・・・

「数mの長さの腸」をずるずると引っ張り出した後に。

手でしごいて、中に入っているうんこを全て絞り出していきます!

 

こんな過酷な仕事ってなかなかないと思うんだけどね笑

ドラマでも再現して欲しいわ、この描写。

 

思ってるよりもかなりハード!

「中の臓器をサクッと取り出して終了」っていう甘いモノじゃないんですよね。

 

医療の現実は、よくあるドラマみたいな綺麗な世界観とは全然違うのでね笑

けっこーグロいし、肉体的にも精神的にもかなりハードな仕事だと思います。

 

最初は精神的にキツいですけど・・・

でもそんな過酷な解剖に立ち会った日でも、普通に「焼肉」とか食べれちゃうのでね笑

 

人間の慣れってホントに凄いなって思います。

 

この仕事を通して、生々しい「肺がん」なんかもゼロ距離で見れましたよ!

「タバコはマジでやめた方が良い」って痛感します笑

いっくんのまとめ

今回は病院での「遺体解剖の補助」について、リアルにまとめてみました・・・!

 

あまり知られていない病院での遺体解剖は、こんな感じで行われています。

血が見れないタイプの人には絶対できない仕事だと思いますよ!

 

もし解剖用の刃物で手とか切ったらシャレになりませんし。

正直言って「キツい、汚い、危険」が揃った仕事だと思います!