【インドネシア】影絵芝居のワヤンクリを見る!楽器のガムランも聴けるよ!

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

日本全国一周」を経験した私が、インドネシアの観光スポットをレビューします。

 

インドネシアには、有名な「影絵芝居」があります。

コレって凄く特徴的なデザインだから、何かで観たことがある人も多いはず!

 

伝統的な影絵が観れるスポットが、ジョグジャガルタにありますよ。

それが「ソノブドヨ博物館」です!

 

スポンサーリンク

「インドネシアの影絵」は昔から気になってた!

「インドネシアの影絵」とは?!

写真を見て貰って分かる通り・・・

インドネシアの影絵は、デザインがけっこー斬新です!

 

ちなみに現地では、影絵のことを「ワヤンクリ」って言いますよ。

 

私が訪れた「ジョグジャカルタ」には・・・

「ソノブドヨ博物館」という、影絵芝居の実演をしてくれるミュージアムがありました!

 

ミュージアムに到着した!

チケットは当日買う感じで、影絵芝居の開演時間は「20:00」でした。

 

ちなみにジョグジャガルタは、あんまりキレイな街並みじゃないのでね・・・

夜になるとけっこー怖い雰囲気があるので、急ぎ足で向かいました笑

 

ミュージアムの中に入ると「綺麗な影絵」がたくさん置いてありました!

子供が観ると「ちょっと怖さを感じそう」な影絵が並んでます笑

 

建物の中央が影絵芝居をする舞台になって、横にガムラン(インドネシアの楽器)がセットされてて。

舞台を360度取り囲むようにイスが置かれてました。

 

影絵の「影じゃない部分」から、モロに見えるようになってたのはビックリでした!

 

日本人旅行者との出会い!

ミュージアムの入口で入場料を払うんですけど。

その時に「国籍」を記入する欄があって・・・

そこに「JAPAN」って書いてる人が1人いました!

 

その時点で、会場の中には「欧米人が数人」だけだったのでね。

奥にいたアジア顔のおっちゃんが、私以外の日本人でした。

思い切って話しかけて・・・仲良くなりましたよ!

 

中国に赴任してる日本人らしくて、すげー気さくな人でしたね。

旅先でのこういう「出会い」ってホントに嬉しいです。

 

スポンサーリンク

影絵(ワヤンクリ)を観てみた感想!

影絵は思ってたのとちょっと違う?!

ついに開演時間になって、影絵芝居が始まりました!

最初の1分ぐらいはスゴイ新鮮な感じがしたんですけど・・・

 

それを過ぎるころには、ちょっとした不安が訪れてきました。

「まさか、影絵芝居ってずっとこのままか・・・?」ってね!

 

「語り手」は延々とストーリーをしゃべり続けて・・・

肝心の「影絵」は、似たようなモーションを延々と繰り返します笑

 

しかも語り手が何かを話すたびに・・・

ハンマーみたいので「トントントントン・・・!」って叩くのもすげー謎。

 

影絵は期待してたのとは、ちょっと違いましたね笑

 

ストーリーが全然分からない笑

まず大前提で、語り手の言葉は「インドネシア語」だからね。

何言ってるかはサッパリ分からない・・・

 

受付で一応「日本語訳のパンフレット」もゲットしといたんだけど。

これはまったく意味をなさない適当な和訳で使えず笑

 

ちなみに海外アニメとかって、言語が分からずともストーリーは分かりますよね?

 

だから私はてっきり、影絵も観てればストーリーは分かると思ってたんです。

でもこの「影絵芝居」では、内容はまったく分かりませんでした笑

 

「盛り上がるポイント」が見当たらない!

影絵は盛り上がるポイントが全然わかりませんでしたね!

芝居自体が、ホントに単調だったのでね笑

 

人形は「けっこー流動的な動き」をするのかと思いきや・・・

実際に動かすのは「人形の手」の部分がメインで、動きはホントに地味でした笑

 

だから観てても「盛り上がるポイント」が無くて焦りました笑

 

さらに言えば伝統音楽の生演奏もビミョーでしたよ。

実際に聴くとよく分かりますが、ちょっとした「不協和音」って感じ笑

 

「バリ系のミュージック」は好きだけど、こっちの伝統音楽は苦手です。

 

ちょっとだけ「激しい場面」もあった?

影絵芝居の途中で「バトルシーン」みたいになった時・・・

それまでのスローモーションとは全然違って、いきなり激しい動きに変わりました!

 

お互いに激しく攻撃し合うシーンは、刺激的で良かったんですけど。

よくないのが、その戦闘シーンもやたらと長いんですよ笑

 

ここでも「同じ流れを延々と繰りかえしてるだけ」って感じでした。

 

演奏者が自由すぎてびっくり!

一番印象に残ってるのは影絵の内容ではなくて・・・

 

ガムラン演者達の自由度が高過ぎたところですよ!

例えばこんな感じでした。

「演奏者のお爺ちゃんが、ずっとスマホをいじってたり」

「おばちゃん歌手達は、仲間のミスに対して爆笑し出すし」

「舞台の上から、観光客をナンパするおっさんがいたり笑」

一応、ここの博物館は「由緒正しい場所」なんですよ。

でも芝居をやってる舞台上の人達が、こんな素敵な事をしてるんです!

 

日本じゃ考えられませんよね・・・笑?

でもこういう「海外のゆったりした空気感」って、実は大好きです笑

 

インドネシアの旅行準備!

インドネシア(ジョグジャカルタ)へ旅行に行く方は、前もって「航空券、Wi-Fi、ホテル」の3つを事前予約しましょうね。

 

航空券は安さ重視で選んでOKです。

判断が分かれそうな「Wi-Fiレンタル」は、旅慣れしてない人は必須ですよ!

 

最後にホテルですけど、安さだけで選ぶと超汚い部屋にあたって萎えるので笑

他の旅行者の口コミは絶対チェックした方がいいですよ!

 

私が参考にしてる公式サイトがこちらです。

航空券予約:公式サイト

 

海外Wi-Fi:公式サイト

 

ホテル予約:公式サイト

 

いっくんのまとめ

今回は、インドネシアで有名な「影絵芝居」を観た感想でした。

 

「影絵芝居」は、インドネシアの代表的な文化の1つです!

観光客向けのガイドにも必ず載ってますしね。

 

影絵は最初の1分ぐらいは感動したけど、そっからは特に何も感じませんでした笑

 

強いて言えば「演者の人達の自由さ」には感動しましたね

 

芝居は2時間もあるけど、飽きるはずなので途中で帰ってOKです笑

興味があればちょっとだけ立ち寄ると良いですよ。

「インドネシア:ジョグジャカルタ旅行」観光スポットや知るべき情報【まとめ】

2018.03.27