【高知】「四万十川」で沈下橋を渡る。日本最後の清流は観光すべき!

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

日本全国一周」した私が、観光地をレビューします。

 

高地県を旅行中に訪れた「四万十川」について。

「日本最後の清流」って呼ばれてますけど・・・

 

こんなに自然に溢れた川は、他では見た事ありません笑

たくさんの生物が住む「日本の原風景」がそこにありました!

 

スポンサーリンク

高地の「四万十川」ってどんなところ?

「四万十川」とは?!

高地に走っている「四万十川」はマジで自然に溢れたスポットです。

 

全長196kmもあって、四国の中では最長の川です!

ここはウナギとかも獲れるので、今でも漁が行われてますよ。

 

ここの特徴としては、川の至る所にある「沈下橋」っていう橋です。

沈下橋はあえて低く造られていて・・・

川が増水したら、すぐ水面下に沈むので壊れにくい仕様になってます!

 

実際に行ってみた!

四万十川には、9月に車で行ってきましたよ

夏も終わりに近付いてて、暑過ぎなくてちょうど良かったです!

 

市街地からかなり走って辿り着いた感じです笑

 

川の近くに車を止めて散歩してみましたけど・・・

四万十川は広大で、水の流れはゆったり穏やかでした!

いっくん
なんといっても「人工物がない」のが最高です。

「沈下橋」は思った以上にワイルド!

四万十川の名物である「沈下橋」が目に入ってきました!

 

橋りにはガードレール的なものはなくて、めっちゃワイルドな造りになってます。

この橋は普通に車の通行に使われるのもビックリですよね笑

 

めっちゃ狭くて、車1台がやっと走れるサイズ感です!

いっくん
沈下橋の上を車で走った時には、落ちないかドキドキでした!

低い位置に作られた橋です。

沈下橋はその「低さ」にも驚きますね。

こんなに低い橋って他では見たことありません!

 

ちなみに橋からは「飛び込み禁止」なんですけど・・・

現地の子供達は、普通に橋から飛び込んで遊んでました笑

 

まあこんな低い橋があったら飛び込みたくもなりますよ!

ちなみに沈下橋は流域全体で「80か所」ぐらいあるそうですよ。

 

川にはたくさんの生き物が生息してる!

四万十川に着いて印象的だったのが、虫の鳴き声ですね。

 

車を降りた瞬間からが凄かったです!

鳴き声を聞くだけでも「大自然の中にいる」ってことを感じさせてくれますよ。

 

川の中の様子も気になったので、すぐそばまで行って水中をのぞいてみると・・・

うっすら濁りのある半透明な水の中には「ハンパない量の生き物」が生息してました!

いっくん
「無数の小魚や水棲生物」が見えてちょっとビックリ笑

自然豊かな場所って日本中にありますけど、四万十川は群を抜いてます!

 

「日本最後の清流」って分かる気がする

四万十川は「日本最後の清流」って呼ばれたりもします。

「いかにも誇張した表現」って、実際は大したことないケースが多いんですけど・・・

 

ここは全然、名前負けしてませんでしたね!

沈下橋に立って周りを見渡したら、誰しも納得せざるを得ないはず笑

 

おすすめの過ごし方は、橋の上からボーっと景色を眺めることですね!

私は橋に腰かけて30分ぐらい眺めてましたが、かなり癒されましたよ。

 

スポンサーリンク

「四万十川」の情報!

<営業時間・入場料など>

<営業時間>

四万十川は自然の川なので、いつでも行けます。

 

<入場料>

川原に行くのはもちろんタダです。

 

<アクセス>

四万十川

 

住所は「高知県四万十市中村」です!

県外から四万十川に行くには、まず飛行機で「高知龍馬空港」に行ってから移動する感じです。

 

「四万十川」まで行く方法は「車」「電車」の2通りがありますよ。

<車で行く場合>

四万十川は、愛媛から高知にかけて流れている川なのでね・・・!

どこか適当な場所をカーナビにセットして目指しましょう!

<電車で行く場合>

・土佐くろしお鉄道「中村駅」から車で10分です。

・JR予土線「土佐大正駅」から徒歩で5分です。

 

<近くのおすすめ宿>

四万十川の中流にある唯一のホテルです!

 

四万十川を見下ろせる高台にあって、夜空がキレイに見えます。

カヌー・屋形船が利用できる「カヌー館」がすぐ近くにあって、レジャー体験もスムーズにできますよ!

 

いっくんのまとめ

今回は高知県の「四万十川」に行ってきた感想でした。

 

日本全国の汚い川が「一級河川」って呼ばれちゃう状況ですけど・・・

ここはマジで一級と呼ぶに相応しい川でしたよ!

 

四万十川は、想像を超えるレベルで感動できました。

「ここは日本の秘境だ」って実感できるとこなので、高知県に行ったら寄ってみましょう!