手話を習いたい!手話教室(サークル)に初心者が参加してみた感想。

gahag-0110750908-1

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

私はかつて市で主催の「手話教室」で手話を習ってました!

手話って普通は、家族に聴覚障害の方がいないと勉強しないと思います。

 

私は純粋な興味から行きましたけど笑

今回は、手話教室に初めて行った時の流れや感想を書いていきます!

 

スポンサーリンク

手話を習いたいと思った!

gahag-0079484501-1

手話に興味を持ったきっかけは?

私はかつて市でやってる「手話教室」に通ってたんですけど。

 

手話教室に通ったきっかけですけど・・・

私はかつて中学時代に事故に遭ったことで、右耳が「軽度難聴」なんですよね。

いっくん
まあ生活する分にはまったく問題ないんですけど笑

それから高校大学と、普通に日常生活を過ごしてましたけど。

たまに街中で耳が聞こえなくて手話をしてる人を見かけると、凄く気になったんですよね。

 

手話教室を知ったのは「市の広報」がきっかけ!

聴覚障害者の方を見ると「もしかしたら自分も、ああなってたかもしれないな」とか思うワケですよ。

 

でも何かしてあげたい気持ちはあるけど、実際には何もできない。

そういったもどかしさを漠然と抱いていた時に・・・

 

たまたま市の広報で、手話教室(サークル)の募集を見つけたんです笑

 

手話教室に電話してみた!

そして私は大学生の頃に、市で主催している手話教室に通うことを決めました!

 

まずは市の広報に載ってる手話教室の問い合わせ先に電話します。

その時に対応してくれた女性から、教室の場所や時間について教えてもらいました。

 

その方は当日に講師として参加するらしく・・・

「初心者大歓迎なので、心配しないで来てくださいね!」って言われました笑

 

スポンサーリンク

初めて手話教室(サークル)行ってみた!

行く前はけっこー緊張した笑

まあ何でもそうだけど、最初の1回目って行くの凄い緊張します。

 

「うちの手話教室は、40年くらいの歴史があって結構しっかりしたとこだよ」っていう前情報をもらったことで・・・

そのせいで逆に心配になりました笑

「みんな50代以上とかだったらどうしよう。」

「若いやつが来てんじゃねえよ!って顔されたら最悪だな。」

自ら負のイメージを膨らませまくってました笑

手話教室の会場は「市の施設」でした!

そして手話教室の参加当日になりました!

 

開催される場所は「福祉支援センター」っていう、いかにもな名称の施設でした笑

パッと見で「市の建物だな」って分かります。

いっくん
なんかすげー入りずらい・・・笑

手話教室は「19:00~21:00」となってるので、19時ちょい前に入ってみました!

 

手話教室のメンバーは、若くて30歳ぐらいだった

部屋の中には20人くらいの人達がいましたね。

気になっていた年齢層は「若くて30歳~上は70歳」クラスです!

 

まあ思ったより若い人もいて安心でしたね笑

しかも、高齢の人ほど向こうから興味持って話しかけてきてくれたのも助かりました!

 

初めての授業がスタート!

当日は、手話を全く知らない私のためにゆっくり進行してくれました!

 

他の受講者が私に向けて手話で自己紹介してくれたりね。

手話の意味を解説してくれたので、するする理解できました!

 

ちなみに手話って「手の形や動かし方」が良く考えられてて・・・

全く知らない手話でも、なんとなく意味が分かるっていう不思議さがあります!

 

2時間の授業はあっという間に終わりましたよ。

いっくん
緊張したのは最初だけでした! 

 

手話教室に参加してみた感想。

手話教室は、レベル別で分かれてる?

手話教室は、習得レベルによって分かれてますよ。

「初心者~経験者」までいくつかのクラス編成です!

 

私が参加した初心者向けのコースは、ホントに誰でも入れるやつだったので。

講師の人が積極的に相手してくれるし、ホントにゼロから教えてくれました。

いっくん
「あいうえお」から丁寧に教えてくれます!

手話教室では毎回授業のテーマが決まってて、それについて学んでいく感じでした!

 

講師が最初に説明しながら手話を実演して、それを受講者が後を追って一緒にやってみるスタンス!

そして授業の最後に「今回学んだ手話を活かして、簡単に発表しましょう」っていう流れでした。

 

手話教室のメンバーは、優しい人しかいなかった!

そこにいた人達はさすがというか、雰囲気がやわらかくて良い人ばかりでした。

 

あとやっぱり、手話を学ぶ理由がハッキリしてる方が多かったです。

・身内が聴覚障害者になったから

・福祉施設で働くつもりだから、手話が役に立つと思った

・手話通訳士になりたい

そういった人が多いので、やっぱりホスピタリティー溢れんばかりな方々でしたよ!

 

お爺さんからの言葉が印象的だった笑

そして会員のお爺さんからこんな事も言われました・・・

「手話教室には、若い人が不足している」

「君にはぜひとも入って貰って、この教室を活性化させて欲しい」

熱い言葉をいただきました!

 

手話教室はその日に入会した!

手話教室はこんな感じの初体験でしたけど。

学べることもたくさんありそうだと思ったので、その日に入会しました。

 

それから初心者コースを1年間続けていく事になります!

それについてはまた別の記事で書いていきますね。

 

私は当時、手話のテキストを2冊自分で買いましたよ。

今はDVDとセットのテキストが多いので、断然分かりやすくてうらやましい限りです!

いっくんのまとめ

今回は、かつて手話教室に参加した時の話を書いてみました。

 

手話教室って地味なイメージだし、取っつきにくい感じはしますけど。

実際に行ってみるとめっちゃウェルカムだと思いますよ!

 

若い参加者が少ないから、みんな優しく色々と指導してくれます。

おかげでストレスなく過ごせました。

 

最初は勇気がいりますけど、勇気を出して飛び込んでみるのは大事ですね!