ツイッターリンクを、ブログのすべての記事に挿入する方法とは?

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

ツイッターリンクを記事内に貼りたい方へ!

 

ツイッターを始めた時って、フォロワーさんを増やしていきたいですよね。

そのためには、ブログ記事にツイッターリンクを貼るのが効果的です。

 

「Search Regex」っていうプラグインを使えば一瞬ですよ!

 

スポンサーリンク

ツイッター始めました笑

わたしはブログを始めて2年で、ようやくツイッターを始めました

 

ツイッターはブログ専用として作ったんです。

フォロワー数「0」からスタートして、ブログとの連携強化を図ります!

 

他のブロガーさんを参考にすると、記事内にツイッターへのリンクを貼ってる人も多かったので・・・

私もブログの記事内にツイッターリンクを貼ろうと思いました!

いっくん
記事を読んでくれた人が、フォロワーになってくれる可能性を期待。

スポンサーリンク

ツイッターのリンクを記事中に貼りたい!

私は記事の冒頭に必ず決まりの挨拶があるんですよ。

「どうも!いっくんです!」っていうのがそれです笑

 

ここの挨拶のあとに、ツイッターへのリンクを貼ろうと思いました。

 

これならすべての記事の同じ位置に必ず入れられるのでね。

いっくん
読者さんにとっても分かりやすい! 

それじゃあどうやって入れるのかって話ですけど・・・

プラグインの「Search Regex」を使いますよ!

 

管理画面から「プラグインを検索」してインストールしておきましょうね。

 

こんな感じを目指します!

「Search Regex」は、ブログ内の文字列を一括で変換できます!

指定したところが一気に変更できてマジで便利なんですよ。

 

私は今回コレを使って、上の画像みたいなリンクを挿入しました。

 

それ以前は普通に「どうも!いっくんです!」って挨拶だけだったのを・・・

いっくん
「どうも!いっくんです!(@ikkun_blog)」にしました。

スポンサーリンク

Search Regexの使い方

Search Regexを開きましょう!

 

使い方としては、まず「ツール」から「Search Regex」を開きます。

 

画面はほとんどいじるところはないし・・・

ツイッターのURLリンクを、テキスト画面でコピペして入力するだけなので、操作も簡単ですよ。

 

ここに書いてある英語の意味はしっかり理解しておきましょう。

Source:投稿内容・記事タイトルなど、検索及び処理を行う場所を指定します。

limit to:処理を行う件数の上限です。

order by:検索結果に表示順を、昇順(Ascending)か降順(Descending)で選べます。

文字を置換していく!

「Search pattern」に変更したい元の文字列を入力します!

次に、「Replace pattern」に置き換えたい文字列を入力します。

 

 

下の「Search」や「Replace」は、クリックすると記事の中から対象の箇所が表示されます。

これは確認をするためのプレビューだと思ってもらえばOKです!

 

「Replace&Save」を押せば、文字列が変更後のものに一括変換されます。

ここで確認してOKなら「Replace&Save」するってことね!

いっくん
「Replace」だけじゃ変換は行われませんよ。

やり方は簡単だけど、注意しましょう!

置換する作業ってけっこー簡単ですけど。

 

文字列を間違えて置換すると、面倒な事態になるので気をつけましょうね!

一度置き換えして保存したものって、戻るボタンとかじゃ修正できませんからね。

 

また同じ手順で最初の内容に置き換えるしか、元に戻す方法はありません!

 

だから勢いでバーッと適当なことをしちゃうと・・・

元の文字列が分かんなくなって大変な目に遭います笑

 

置換する前には「変更前、後」の両方の文字列をコピペしておくと安心ですよ!

 

いっくんのまとめ

今回は、すべての記事内にツイッターのリンクを張る方法でした。

 

ブログも継続して何百記事ってなってくると、手作業ではムリになってくるのでね!

一括置換で対応するのがベストだと思います。

 

ただ変換を間違うとめんどいので、しっかり確認していきましょうね!

 

もし記事を書いてる時に、投稿画面が重いと思ったらサーバーを乗り換えるのがおすすめですよ。

私はロリポップから「エックスサーバー」に乗り換えたら、作業スピードが上がりました!

公式サイト