中古車を安く買う方法と流れ!「値引き交渉術」を試してみて。

Line up of various types of used cars for sale on a motor dealers forecourt all marques removed

出典:http://yozaproject.com/

どうも!いっくんです!(@ikkun_blog

 

「中古車を安く買いたい」と思っている方へ!

中古車は値切ることができますよ。

 

私は本体価格を下げた上で、カーナビまでもサービスさせましたので笑

今回は、「中古車ディーラーで値切る時のポイント」をお話しします!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

中古車選びの「流れとポイント」について!

出典:http://minkara.carview.co.jp/userid/300786/car/780138/profile.aspx

「コスパが良い」のはやっぱり中古車!

私は昔から新車でなくて「中古」が良いと思ってます・・・!

 

なによりも「値段が安い」のが魅力ですよね。

最新モデルの車を、新車で数百万もかけて買う意味がわからない笑

 

世の中には、新車で買って1年以内に傷付けたりする人もたくさんいますし。

それで一気に資産価値も無くなるのは残念すぎます笑

 

一方で、型落ちで中古の車はホントに格安。

コスパが良いし気楽に乗り回せるのはプラスです!

 

では、中古車選びの流れとポイントを説明していきますね。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

中古車選びの「流れとポイント」について!

①まずは「情報誌」を読んで目を慣らす!

・どんな車があるか把握していく

まず最初にすべきことは「カーセンサー」とかの情報誌を読むことです!

 

眺めてるだけでもOK、無意識のうちにどんどん情報が入ってきます。

「セダン、ワゴン、軽・・・」どれが一番しっくりくるのか、ハッキリしてきますよ!

いっくん
それぞれのタイプなら「どの車種がいいのか」絞っていきましょう!

・最初からネットは効率が悪過ぎる

最初からネットで調べようとする人もいますけど・・・

初っ端からネットを使うと、とんでもなく時間がかかります。

 

クリックしてページを飛んで・・・っていうのは、単純に効率が悪いんですよ!

その点、雑誌なら短時間で大量の情報を把握できます。

 

時間の節約になるし頭にも入りやすいので、まずは雑誌で絞っていきましょうね。

 

②ネットを使っていく!

・「狙いの車種」の相場を抑える

雑誌で気になる「車種」が絞れたら、ここでようやくネットを使います。

 

ネットでは狙いの車種ごとの「価格相場」を抑えましょう!

「Goo-net」や「カーセンサー」を使って「年式や走行距離から見た相場」を把握ていきます。

 

・検索機能を使うと超スムーズ

ネットを使う時には「検索機能」を使うと超スムーズです!

 

どのサイトでも必ず「フィルタ機能」がありますよ。

そこで細かく条件を指定して、検索をかけてみましょう。

 

例えば、「安い順」「走行距離が少ない順」「年式が新しい順」みたいな感じでね。

バーっと検索出来ちゃいます!

いっくん
この時点で調べた「条件と金額」が、今後ディーラーで交渉する上での基準です。

③調べた「価格相場」をまとめておく

値切りをするためには、相場を把握して簡単にまとめておきましょう。

 

比較対象がないと、それが高いのか安いのかが分かりませんからね!

 

例えば自分が買いたい車があったとして・・・

「年式は2011年、走行距離2万キロ、修復歴なし、車検残の車で、金額は車両価格100万円」

得られる情報から、それが高いか安いかを感じる取る母集団が必要です!

 

価格相場の知識がないと、値切る時の話し合いでスタッフ側が優位になっちゃいます。

 

ちなみに私は別に車は詳しくないし、人気の車種や、車のパーツの名前も分かりません。

いっくん
自分が狙ってる車の値段相場だけ調べたので、そこの知識は特化してました笑

④「中古車ディーラー」を見て回ります

・中古車ショップに行ってみましょう

それでは、実際に中古車ディーラーに行ってみましょう!

車を買う時は、絶対に本物を見て買ってくださいね。

 

やっぱり実際に目で見て「これいいな」って感じたのを買うべきです!

納品した後でイメージと違った・・・って感じで後悔する事もないのでね。

 

・ネットの写真だけ見て、購入するのは危険!

私はかつて「ネットで購入するのアリかな」って思ったこともあったんですよ。

 

今の時代は「実物と違う写真を載せる」詐欺まがいの業者も最近は少ないし。

写真だって、ちゃんと細部まで載ってますしね。

 

調べていて「コレ良いな」って思った車を、実際に店舗まで見に行ったんですけど・・・

全然イメージと違いました!

いっくん
別物とかじゃないけど、写真が綺麗に撮れ過ぎてるんですよ笑

もちろんこれは詐欺とかではないですよ。

 

狙った中古車を「値切る」流れを説明します!

買う気はあるけど、予算が無いアピール!

中古車ディーラーに行って、自分の希望に合った車と巡り合えたとします。

そしたら店員にはこう伝えましょう!

「予算より高いから、今はムリなんですけど・・・

諸費用を入れた値段だけ知りたいので、見積もりお願いします」

こう言うと、店員からは必ず予算を聞かれます!

そしたら買いたい車の値段よりもかなり低く伝えておきましょう笑

 

販売スタッフの心理とは?

ここで意識して欲しいのは「店員は車を売りたがってる」という点です。

 

こっちが購入すれば、営業の人間にもいくらかマージンが入りますしね!

「月毎のノルマ」だって課せられているはずです。

 

店員にやる気を出させるために、こっちは「値段がもう少し安くなったら買いたいです!」

っていう本気の姿勢を押し通しましょう笑

 

もし値切ったとしても、向こうは若干利益が減るだけで絶対に損はしませんから!

 

売れずに在庫をストックし続けるよりは・・・

値下げして少し売上げが減っても、その方が得だという考え方があるんです。

 

「ライバル会社の車」の名前を出して、競争させる!

店員は「分割払いもできますよ!」って感じで、熱心に営業をしてくるはずです笑

 

そしたら買いたい車種と似てる「ライバル車」を挙げて、悩んでいるとアピールしましょう!

いっくん
ここに来る前に、他の店で(ライバル社の車)も見てそっちの車と迷ってます。

私の場合はこれを伝えたら、スタッフが店長と交渉を始めて・・・

「本日購入手続きをしてくれるなら」っていう条件で、値段が5万円下がりました!

 

やっぱり店としても、多少の売り上げが減るのはOKなんだなって事が分かりますね。

 

さらに交渉して、カーナビをゲット!

私のケースでは、ここから更にもうひと押ししましたよ!

「でも向こうの車は値段も少し安いし、カーナビも付いてたんですよ。」

「こちらは付いていないんですよね?」

スタッフからしたら、めんどい客だったと思います笑

 

そしてスタッフは困惑した表情で再び店長の元へ・・・!

「今店長に確認してきたんですけど、今回は特別にカーナビ付けますよ!」

「カタログにも載っているもので、定価で4万するやつです。」

「その代わり条件があって、購入費用は現金での一括払いでもいいですか?」

私はもともと一括払い希望なので即購入決定です!

 

値引きも出来たし、カーナビもおまけしてもらえた!

ちなみに最終見積もりを出すまで、既にいくらか値下げはしてもらってました。

 

その時点での最終見積もりは「車体・諸費用込みで85万」でしたけど・・・

そこからさらに5万円安くしてもらったワケです!

 

最終見積もりから5万円安く購入、さらにカーナビもタダでいただきました!

めっちゃお得でしたよ!

 

最終的な見積もりが出てから、交渉するように

注意点としては、最終的な見積もりが出てから交渉しないとダメですよ。

 

最初に価格交渉しちゃうと、知らないうちに「諸経費」の方を高くされるので!

うまく誤魔化されないように気を付けましょうね。

 

購入までのスピード感も大事

私の場合は、その店舗では最初に立ち寄ってから契約するまで2週間くらいでしたね。

このスピード感も大事です。

 

時間がかからずに購入までいく方が、販売スタッフにとっても効率の良い客となるんです。

一番のポイントは、購入の一歩手前でぐずることです!

 

いっくんのまとめ

今回は、中古車をより安く買う方法についてお話ししました!

 

普通に買おうと思っても、多少は値引きしてもらえるとは思います。

でもそこから、更に引下げられるかが勝負なんですよ笑

 

中古車購入を検討されている方は、参考にしてみて下さいね。